業者に京都に合う看板作りを依頼する際の方法や手順の解説

京都といえば和というくらい、京都に行くと、日本の象徴である和の雰囲気を楽しむことができます。それは、例えば京料理や湯葉などの和に関する食事といった体験だけではなく、自然と目から入ってくる自然や衣服、建物などからも和を感じることもたくさんあります。例えば、竹林や着物、人力車、神社、お寺などが有名なところかと思います。しかし、その中の重要なものの一つとしてあまり目を引くものではありませんが、”看板”も挙げられます。もともと看板とは、そのお店や商品を目立たせるために設置されており、日本全国様々な色鮮やかな看板が多く見受けられますが、京都では、全く逆の発想で設置されていることが多いです。和の雰囲気、周囲の雰囲気になじむように、ある意味目立たないように設置されているのです。そのため、京都の雰囲気漂う環境を看板からも感じることができるのです。

京都で見かける看板の特徴について

京都の看板には、その風情、雰囲気漂う和の要素が取り入れられています。それには理由があり、京都市の景観条例が定められているため赤色などの派手な色味が禁止されることが多く、景観を保護するため派手な色味の看板を掲げることが禁止されています。京都を訪れたことがある方は、何となくわかるかもしれませんが、全国規模の大手店舗の看板も京都では、独自に色味を変更したものが見られます。例えば、濃い赤と黄色でお馴染みのマクドナルドでは、赤を茶色にしていたり文字を白字に変更していたり、京都の風情ある和の雰囲気を崩さないようにしています。また、コンビニエンスストアも同様に、青色が印象的なローソンでは、青ではなく、淡い黄色地に黒色で文字が書かれていたり、セブンイレブンでもカラフルなラインを白黒に変更していたり、特徴があります。

京都に設置する看板の依頼方法がわかる

京都で看板を掲げる際、条例によって、昔は多くの場合赤色ベースのものが禁止される傾向があるようです。具体的に依頼する際には、色彩の基準が定められていて、色彩を表す色相(色合い)、明度(明るさ)、彩度(鮮やかさ)の3属性であるマンセル値の彩度が一定の数値を超える色を使用する場合、表示面に使用できる面積割合が定められています。デザインや色以外にも、表示の制限に関しては、表示等が禁止されている場所や物があったり、点滅式照明や可動式照明の使用が禁止されていたりします。また、看板などの表示ができる高さに関しては、地域特性や建物の高さなど応じ、表示が可能な高さなどの基準が定められています。他にも、表示できる面積や位置に関する基準も定められています。このように、多くの基準が条例に基づいているため、業者に依頼する際は、この条例の内容をしっかり把握して、細かくチェック、依頼する必要があります。