京都で看板を作って立てた後に気をつけたいことなどの紹介

海外からの日本への観光で来日する外国人は年々増えていっている傾向にあります。外国人観光客が訪れる観光スポットとして東京や飛騨高山など人気の観光地は各地にありますが、その中でも人気のある観光地が京都です。日本古来の建物が多く日本らしさを味わえる場所にはふさわしい京都は外国人観光客に大変支持されています。その京都で商いをする方々にとって京都の街を歩いている人たちに自分のお店をアピールする手段で大事なのが看板です。どのお店にも自店をアピールするために取り付けられていますが、そんな看板も京都ではどんなものでもいいというわけにはいきません。その景観を損なわない様な看板を取り付けなければいけません。それでいて京都の雰囲気にあった格好のいいものを作り、取り付けるのです。京都という古き良き雰囲気の街並みの景観を損なわない様な看板づくりをしなくてはいけません。

看板にも京都の魅力が詰まっている

それぞれの店舗などの案内やアピールをするために設置される看板、京都ではその看板も自由なデザインで作り設置することはできません。京都という昔ながらの街並みが残されていてそれを見るために訪れる観光客の方もたくさんいる為、その景観や雰囲気を損なわない京都の風情に合ったものでなければいけません。今現在京都の街並みにある建物は古き良き日本の和というものがベースのテーマとしてそれをもとにした色や形が使われています。その建物の雰囲気を壊さない様、また京都の街並みの風情に合わせた看板が設置されています。京都の街並みの中に掲示されている看板は、色や形など日本の古都京都の歴史や風情に合った看板だということが言えます。京都に掲示されている看板を見れば京都の良さ古き日本の良さが詰まっていると言えます。

取り付けた後も注意しなければいけない

観光客に店舗の存在やアピールに欠かせない看板、京都の雰囲気に合ったものを考えデザインして取り付けることができてもそこで終わりではありません。例年、看板の落下や転倒による怪我の被害に遭われている方がいます。そういった設置後の安全面も考えていかなくてはなりません。京都に限らず年月が経過していく間には、強い雨の日や台風による強風の日もあります、そういった自然の脅威にも耐えることができる様、そういった日には看板に補強を施すとか一旦安全な場所に移動させるといった対策が必要です。また劣化によって、一部分が壊れ落下したり看板自体が崩壊してしまったりということもあり、その時にたまたま通りかかった通行人に危険が及んでしまうこともあります。そういった事態を招かないために看板を設置してそれで終わりではなく、取り付けている結合部分や看板自体に破損箇所がないかチェックするなど日々のメンテナンスが必要となります。