おさえておくと役立つ京都の看板作成業者の良い選び方

京都では条例により景観保護のため、派手な看板を掲げることは禁止とされています。全国にチェーン店を持つお店も、京都では茶色などをベースとしてオリジナルな看板を掲げているところが多くあります。他の地域では目立つように下地を赤や黄色などにしていても、京都では文字と下地の色を反転するなどして、派手にならず落ち着いた雰囲気になるように変更されています。京都での看板作成業者を選ぶ際には、事前にホームページや施工実績を調べることが大切です。作成時に自分の意見をしっかりと伝えたうえで見積もりを出してもらい、業者側にも看板のプランを出してもらうことをおすすめします。工事中やその後のことを考慮して保証などがしっかりしている業者を選ぶことも大切です。京都には看板に対する規制が多々あるため、業者側と丁寧に確認していくことが必要とされます。

京都で看板を掲げるときの申請の仕方

京都市では景観保護のため、様々な規制が設けられています。まず初めに看板を掲げる地域の規制内容を確認する必要があります。地域により看板の面積や高さなどの規制内容が異なるためです。平成19年には、新景観制作により屋外広告物や建造物の高さや外観などの規制等が全面的に見直されています。京都市では派手な色が大幅な面積を占める看板は、景観を損なうと判断され禁止されています。大手チェーンの看板等も他県とは違うデザインや配色に変更されているものが多数あります。今までの伝統文化を継承しつつ新たな文化との調和を図ることで、京都らしさを生かした個性ある空間づくりが目指されています。都市景観に調和した優良な屋外広告物と認定されると、看板の施工費用の助成など、支援制度が設けられています。

京都ならではの景観の魅力を看板で引き継ぐ

京都市では、平成24年度から「京都景観賞」が創設されており、優れた都市景観づくりについて市民を表彰しています。その中には、屋外広告物部門、建築部門、景観づくり活動部門の3部門があります。看板は、屋外広告物部門に含まれており、京都の景観に調和している素晴らしい看板が選ばれ表彰されることもあります。表彰の審査基準は、広告物の材料や意匠などが優れていることや建築物と調和していることの他に、景観への配慮がされているものと定められており、看板自体のデザインが景観を損なってしまわないように配慮されています。京都景観賞で優れたデザインや歴史的デザインと認められた屋外広告物には指定証の交付がされます。歴史都市である京都の風情を生かし、未来に引き継いでいくために看板に関する条例を設けたり、表彰制度を創設したりすることにより、市民が一体となって京都の魅力を引き出しています。