京都で看板をつくるときや立てるときに気をつけたいこと

京都には京都市市街地景観整備条例が敷かれており、京都で看板を立てる時は、景観を壊さないようにしなければなりません。京都にも全国区でチェーン展開しているファミリーレストランやコンビニエンスストアなどのお店が多く存在していますが、そこに立てられている看板は、他の地域で立てられているものと比較して色合いや大きさ、立てる位置などが違っていることが多いです。他の地域にあるお店のイメージで同じお店を京都で探すと、見つけにくいという場合もありますし、看板を見なければどこのお店か分からない場合もあります。京都の街中にある看板は、赤をベースにしているものはNGとされることが多いため、違う色に変更になっている、色合い自体が元々の色よりも落ち着いたものになっていることが多いです。

京都ならではの色合いの看板を探してみよう

古都京都は、日本人のみならず外国人も含めて多くの観光客が訪れる日本でも屈指の観光都市です。1000年の都が置かれていたため、歴史的建造物や神社仏閣などが街のあちこちに点在しています。一方で、新しい建物やお店なども街のあちこちには建てられてはいますが、それらも施工主が好きなように建てることは条例があるため不可能です。京都の街の雰囲気を壊さないような景観にする必要があります。お店の所在を人に知らせる看板も同じような傾向があり、派手な色合いのものは地味な色に変更になっていて、文字と背景の色が反転しているものも多く見られます。原色の色ではなく、少し暗めの色が使われていて、カラフルな色目の背景ではなく白字の背景に文字が書かれているものなども多く見つけることができます。

看板に注目して京都の街を歩いてみよう

京都に観光に行く時には、神社仏閣を始めとして歴史的建造物を中心に観光するのが最もオーソドックスな旅の仕方です。もちろん、それらもとても素晴らしい経験で忘れられない思い出となるでしょう。しかし、歴史的建造物だけでなく、京都の街全体を丸ごと楽しむことも、また旅の醍醐味ではないでしょうか。他の地域のお店の看板と京都で見られる看板を比較してみるのも面白いです。よく気を付けて見ていないと気付かずに通り過ぎてしまうこともありますので、注意深く見てみましょう。京都の看板の特徴は、元々の背景の色が赤や黄色など派手な場合は、白地になっているか、赤が茶色になっていることが多いです。白地に黒の文字で書かれていることも多いです。なお、看板が他の地域と違うのは、京都市内でも一部の地域だけです。

LED照明を使用した看板の設置は狭い場所でも可能です! 独立して開業を控えるクリニック様 数多くの企業様・お店の経営者様・クリニック様からご依頼をいただいております。 集客アップに貢献する看板を提案します! アクリル看板は衝撃に強く、どんな天候でも対応可能。 耐久性に優れたアクリル看板の製作ならおまかせください! 看板であなたのお店の印象を変えてみませんか? 京都で看板製作会社をお探しなら「アクリルサイン」へ!